UNOの紙幣断裁システムが
世界中で愛される3つの特長

Home » セキュリティシステム » 紙幣断裁システム » UNOの紙幣断裁システムが 世界中で愛される3つの特長

1. 高速生産で利益拡大

「UNOのシステムは、特定の面付けのみで高速生産できるのではなく、実生産で主に使用されている面付け(36面:4列 x 8行から60面:6列 x 10行)の範囲内であれば、安定的に510,000枚(紙幣) / 毎時*という高速生産が実現できます(*8F/NHの場合)。また高速生産でありつつ高品質を実現させている様々な機能を下記に紹介します。

スーパーファイン仕上げ

各トリムセクションでシャー・カットを採用することで
表現します。

レーザーセンサー

紙幣の下部にあるかも知れない切れ残りを検出します。

01-02

ナイフのスイングカットモーション

新たに採用された空気圧クラッチとブレーキの組み合わせで、衝撃と騒音を最小限に減らしています。また糸やホログラムが混在した昨今の高度なセキュリティ紙幣に対しても問題なくカットします。

02-02

サーボトランスファー

新たに採用された空気圧クラッチとブレーキの組み合わせで、衝撃と騒音を最小限に減らしています。また糸やホログラムが混在した昨今の高度なセキュリティ紙幣に対しても問題なくカットします。

03-02

ランダムカット機能*

タッチパネルにデータをプリセットすることで、凹版印刷で生じた紙の表面の微妙な伸びを補正し、トリムの位置に影響がでないようトリム精度を維持します。「再現性」は、トリム精度を維持するために非常に重要です。
*No.2(ストリップカッター)とNo.4(仕上げカッター)にて使用

04-02

ロボットサーボコントローラ*

上記5つの優れた機能と共に組み込むことで、この機能も表面の微妙な伸びを補正し、トリムの位置に影響がでないようトリム精度を維持します。
*No.3(短辺カッター)にて使用

05-02

高速で安定したパフォーマンス

面付けにあまり関係なく高速で安定したパフォーマンスが得られるので、生産性が高く効率的です。

06-02

2. 使い勝手が良く省人化も実現

UNOのシステムは、特定の印刷機、特定の品質管理機に拘らない為、前工程・後工程に関する様々な選択肢をお客様に提供することが可能です。またシステム自体は高度な複数の機能を盛り込んでおりますが、オペレーションがとてもシンプルな為、使い勝手の良い省人化を実現しています。

タッチスクリーン式のコントロールパネル

直接メモリーカード等も挿入することもできるので、生産履歴のデータファイリング等にも役立ちます。

07-02

デリバリー*

最後の工程であるこのセクションでは、正確な連番を維持しながら最終的な製品として1,000枚毎バッファーされます。
*4F&
8F-Link

08-02

UNOフラットバッファーシステム

*4F&8F-Link

09-02

品質管理機への完全自動ロボット送り込み装置

*4F&8F-Link

10-02

3. 世界中で認められた実績!

1929年の設立以来、UNOは世界中のお客様により多くの利益をもたらし、生産性が高く効率的なシステムの製造を続けてきました。具体的な納品実績の詳細は実績ページをご覧ください。

お気軽にお問い合わせください!